レンタルサービス

団地のある住宅街(遠景)

東京の中でも、下町地域については、昔から商業なども盛んで、気風が良い事でも知られています。
下町地域というと、墨田区、台東区、江東区などが挙げられます。
墨田区の地域情報としては、ご存知の方も多いですが、隅田川があり、桜の季節を楽しみ、夏には花火を楽しむなどの風情のある場所です。
国技である相撲を観戦できる立地にもあります。
そこに住む人は、昔から自営で店舗をもって生活している人も少なくありません。
台東区の場合には、外国人観光客でいつも賑わっている浅草があります。
下町の中の職人も多く未だに残って仕事をしており、日本を代表する伝統技術などがここから世界に向けて発信されている場所でもあります。
江東区には、町工場などもまだ残っており、下町の路地裏の風景に息吹が感じられる地域でもあります。
商店街なども各所にあるため、商店街が地域情報を発信して、街の活性化を図るなどの光景も見られます。
住む人は、家族でこの周辺に居住し、住み易い街として生活しています。

東京は、食べる事には事書かない地域性もあります。
店舗が多く存在していますので、食べたいものを、いつでも、どこに行っても見つける事ができます。
中でも、下町地域には、商店街があり、特に食べる事に関する店舗が集中しており、手作りのものを食す事ができます。
必ずしも、レストランなどにおけるお皿にのった食べ物でなくても、家庭料理の食材として利用する事もできます。
下町には人情がある、とよく評されます。
家と家が非常に近くに位置しており、そこに地域が形成されているという特性もあるため、昔から助け合う必要などもあったと考えられます。
その心意気が、下町には今でも根付いているのが大きな特徴になっています。
心の温かさを感じる場所でもあります。