ワンランク上の部屋

マンション全体

日本の首都「東京」の住宅事情は他の地域に較べて需要増で活発に動いています。
特に活発な動きを見せているのが「マンション」です。
「マンション」は超高層化が進んでいます。
東京は日本で唯一1000万人を超える規模の地域です。
しかし東京都の面積は大阪よりも少し大きいほどの面積でしかありません。
そのため限られた土地で少しでも多くの人口の住居を確保するために「マンションの超高層化」が進んでいます。
しかし超高層化でマンション一棟あたりに住居数を増やしたとしても他の地域の同じ面積の住居に較べると2倍から3倍の価格となります。
東京都内の不動産市場の動向として戸建、マンションともに重要増の傾向です。
特に新宿、文京区、台東区、墨田区、江東区、渋谷区、豊島区で需要増が起こっています。

東京はたくさんの魅力的な地域が存在する場所です。
「住んでみたい街」がたくさん揃っているのが東京のイメージです。
まず人気の地域として「浅草、月島」があります。
これらは古くからのイメージである「江戸っ子」が多く住む場所です。
昔ながらの雰囲気をもつ街として住んでみたい地域として人気が高いです。
また昔ながらのため不便なのかというと「スカイツリー」ができたり、再開発されたりと、便利な部分も多くあります。
地下鉄も新しい駅が増え、乗換など交通の便も非常によくなっています。
また「浅草、月島」の魅力として「美味しいお食事処が多い」ことがよく挙げられます。
実際にこれらの場所は安価で美味しいお店がたくさんあり、地元民、観光客に高い人気を得ています。